道南スギのサイトへようこそ

 松前中学校は併設される共同調理場(給食センター)を含めると、延べ床面積約5,100平方メートルの大型木造建築物です。
 使用される木材(約1,200m3)のほとんどを松前町の町有林材(スギ)を使用した在来工法による木造平屋建ての校舎になります。

「地元の身近な山の木が、自分達が学ぶ校舎になる」
 
 教育施設としてその一連の流れを大切にし、校舎を利用する生徒に対して、森の木が伐採され学校が建築されるまでの様子を紹介するほか、伐採跡地の植林や保育作業を生徒に体験してもらうなど、建築後の学校教育でも「地材地消」や「木育」の取組が計画されています。

03

第一期工事完了!!

H26.9.1 松前中学校の第一期工事(校舎・体育館・音楽室・武道館)が完了しました。 音楽室から体育館外観 体育館外観 体育館内部 音楽室と格技場外観 教室内部 机も道南スギを使っています 体育館から中庭 中庭と渡り廊下 町有林の伐採を始めてから1年ちょっと経ちましたが、ついに道南スギをふんだんに使った松前中学校の立派な校舎が完成しました。 スギのもつ暖かみや柔らかさ・耐久性を存分に発揮して、生 ...
DSC00095

建築中の様子(その2)

H26.5.15 松前中学校の建築現場の様子です。 外装はほぼ終わり内装工事を行っています。 教室外装はほぼ完成 廊下は内装工事中 格技場も外装はほぼ完成 音楽室内装 体育館も外装はほぼ完成 外装の足場ももうすぐ取れるのでしょうか。 全体像が見えるのが楽しみです。
P1010809

建築中の様子(その1)

H26.1.15 松前中学校の建築現場の様子です。 加工された木材が運び込まれ体育館の建築が進んでいます。 体育館の骨組みがほぼ完成しています。 写真左:体育館の頂上から見た屋根の骨組み 写真右:体育館から見た校舎側の進捗状況 武道場と音楽室は屋根まで完成しています。 体育館屋根部の骨組み。作業用の足場がなくなると、この角度から見ることはできなくなるので貴重な写真です。 松前中学校はこの体育館も含 ...
IMGP0006 (2)

木材の加工

H25.11.20 松前中学校の改築に使われる松前町有林の木材が道内の工場にで加工されています。 板となった木材を糊で張合わせて、大きな断面の集成材を作っています。 出来上がった大断面の集成材 出来上がった材料に継ぎ手等の加工をしていきます。 継ぎ手加工までされた材は、いよいよ松前中学校建築現場に向かいます。
DSCN1539

製材

H25.7.16 松前中学校の改築に使われる松前町有林の丸太が松前町内の製材工場に運ばれて、建築用材向けに製材されています。 これから道内の工場で乾燥され、一部は集成材に加工されるなどして中学校改築に使われる予定です。
DSCN1266

町有林材の伐採

H25.7.10 松前町内の町有林で松前中学校の改築に使われる木材の伐採が行われています。 松前中学校に使われる材は、町有林約4.4ha(スギ樹齢50~90年)で伐採される材積は推定で約2,200m3です。これから松前町内の製材工場等に運ばれて製材や集成材に加工されて中学校のための建築用材になる予定です。