道南スギのサイトへようこそ

pool2-1 pool3-1

デザインコンセプト
 知内町は、「大千軒岳」「七ツ岳」「知内岳」の3つの大岳に囲まれ、豊な自然に恵まれています。この豊かな自然にある山並みを連想するような、角度の違う3つの屋根で構成した造りとします。一番高い屋根がプール、二番目が子ども交流センター、手前に広がる屋根がみんなを迎える玄関です。

道南スギの利用
 知内町の面積の約8割を占める森林は、スギなどの人工林や天然林が豊かに広がり、生命の源となる清らかな水をたくわえ、野生生物の生息の場となるなどの重要な役割を果たしており、町民にとってかけがえのない貴重な財産となっています。
 今回知内町町民プール及び子ども交流センター複合施設(仮称)で使用する木材は、間伐や更新伐などの森林整備により町有林から発生したスギ材を地元製材工場で製材加工、その後、道内集成材工場にて集成材加工し利用する計画です。

siriuchi-1    町有林の伐採 siriuchi-2    集材 siriuchi-3    搬出