道南スギのサイトへようこそ

「道南スギの魅力を引き出す宮大工集団」
北一タカハシ建設は札幌市東区にある、北海道内の社寺建築の多くを手掛ける宮大工集団です。

宮大工の世界では、木材は耐久性の高い「スギ・ヒノキ」を使うのが一般的で、北一タカハシ建設でも以前は本州からスギを仕入れて使っていたそうです。
しかし数年前に北海道にもスギがあることを知り、実際に道南スギを見て、それ以来道南スギを使うようになったそうです。

宮大工が道南スギを使って作る社寺はまさに芸術品で、大径木から削りだされた太い柱や、細かい細工が施された梁や欄間など、スギが持つポテンシャルを最大限に生かしていただいています。

limgl 048
001 015
012 IMGP5423a

また、北一タカハシ建設では宮大工で培った技術を活かして一般住宅も手掛けており、そちらでも道南スギを使っています。
スギの意匠性や加工のしやすさなどを活かして建てられた住宅からは素材を大切に扱う職人の心意気が伝わってくるようです。

091-2B 20130917_05
064 08
074 97rep_kt01b

道南スギの魅力を引き出す 株式会社北一タカハシ建設のHPはこちらから >株式会社北一タカハシ建設